TOYOTA CAMRY 1982


初代FF CAMRY。筆者をクルマにのめりこませたきっかけとなるクルマです。

CAMRY 2000 ZX

TOYOTA FF初代 CAMRY は1982年に登場し、筆者がクルマにのめり込むきっかけになったクルマです。

その広さ、車内の明るさ、スタイリング。インテリジェンスをビシバシ感じます。

この頃、FRからFFへ主流が移る変革期で、FFの売りは広さと広さをアピールするクルマが次々と出た頃です。

欧州のスタンダードといわれた、ホイールベース2600mmのFF車。ほぼ同クラスのCORONAはFRで2500mmでした。しかも、室内空間はCROWN並、全長は4400mmとCORONAより短く、トランク容量もVDAで456L。CD(空気抵抗係数)も0.37と優秀。

なにより、カチッとしたスタイリングと青基調のインテリアがすぐに乗り物酔いを起こす筆者に「このクルマだったら、喜んで乗れる!」と思わせてくれました。

1990年 PRIMERAが華々しくパッケージをアピールしていましたが、8年前に世に出たCAMRYに対して、進歩したようには感じられませんでした。同じ全長に2550mmのホイールベース。室内も狭ければ、トランク容量もVDAで440L。CDは向上してるけど、スラントノーズはCDに有効ってのは分かるけど、車両感覚のつかみ易さはどうするの? って感じ。

もっとも、CAMRYの方はモデルチェンジする毎にパッケージングが退化しているんだけども。

結局、所有はしていないのですが、学生の頃、友人が乗っていたので、助手席や後席で堪能させていただきました。また、車検の代車で運転させていただきました。想像どおりの素晴らしいクルマでした。

その後、時代はバブルへ。せせこましい部屋にゴテゴテと豪華っぽく装備したクルマが大流行してしまい、自分の思惑とは違う方向へ行ってしまい、皆クルマはどうあるべきかちっとも分かってないって思ってました。それで、自動車メーカーに就職したんですけどね。

最近になってようやっと筆者の思っている方向に向かってきました。もうとっくに、自動車メーカーにはいないんですけどね。

Specification 2000 ZX 5MT
項目単位コメント
全 長x幅x高mm4400x1690x1395今のカローラに近いですね
ホイールベースmm2600今のカローラと同数値
トレッド 前/後mm1465/1420リヤトレッドが狭いのは当時の事情が想像されます
室内 長x幅x高mm1825x1415x1160リヤシートリクライニング機能の無い他グレードは室内長1875mm
最低地上高mm160当時の道路事情を物語る?
車両重量kg1045これもほぼ今のカローラ
最小回転半径5.32000ccクラスの水準ですね
10モード燃費km/l12.2ここがSpec上一番古さを感じる部分
エンジン型式2S 
エンジン種類直4OHC-EFI電子制御燃料噴射に高級感を感じた頃
内径 x 行程mm84.0x90.0標準的
総排気量cc1995 
圧縮比8.7低!
最高出力ps/rpm120/5400実用に徹した作り
最大トルクkg-m/rpm17.6/4000今なら1800ccの数値ですね
燃料/タンク容量lレギュラー/55 
タイヤサイズ185/70R1313インチ!

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2001-10-12] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car

レビュー