SUBARU LEGACY 1997


Legacyは日本のBMWか? 素のモデルでも質の高さが光る。

LEGACY 4SD 1800 LX

1997年 LEGACY 4SD 1800 LX 4AT (SUBARU)

LANCERからの乗り換えです。1500ccクラスが当初の狙いでしたが、当時の1500ccクラスはバブル崩壊後の不景気の影響でお寒い状況でした。下手をすると、前車LANCERよりヘボくなりかねません。

例えば、COROLLAは貧相になり、FAMILIAは骨抜きになりました。安全への意識の高まりと、親の年齢をも考慮すると、多少高くても良いと思われるものにすべしと思いました。

候補車はこんな感じ

  • TOYOTA CORONA 1800 PREMIO-E
    Spec上はこちらが有利ですが。
  • TOYOTA CARINA 1500 SX
    成りは大きくて、維持費は安め。
  • MITSUBISHI LANCER 1500 MX-TOURING
    モデル末期です。保守的な選択?
  • SUBARU LEGACY 1800 LX
    骨格と風格が違います。明らかに格上でした。
  • SUBARU IMPREZZA 1500 SX
    本来の車格からすれば、こちらなのですが。

CORONACARINAはまだ、比較的貧相に見えない方でしたが、明らかにバブル期のCOROLLAよりも見劣りしますし、CARINAはハッタリが効く大きさだけど、後席の居住性(特にヘッドクリアランス)が駄目。

CORONAは多少マシだが、1500から1800に格が上がった気がしない。

LANCERは見栄えは良かったが、モデル末期で安全性能に懸念がありました。IMPREZZAも同様です。

LEGACYは水平対向エンジンを搭載する構造上衝突安全性に有利な上、280psに耐えうるボディー、高い動的安全性、出来のいいシート、当時候補車唯一のプリテンショナー付きシートベルト装着可能など、安全性能は抜きん出て高いと思われました。しかも、派手さは無いものの風格漂ういでたちは他の160万円弱の価格のクルマには到底無いものでした。燃費はある程度悪いのは分かっていましたが、それを上回る魅力があったと思います。

このクルマになってから、走行距離が延びているようです。約12,000km/年のペースになっています。また、腰痛が無くなったみたいです。現在のところ、トラブルも無く、クルマ選びの一番の成功例と言えそうです。

Specification 1800 LX 4AT
項目単位コメント
全 長x幅x高mm4595x1695x1405流石に大きいが視界が良いので
ホイールベースmm2630必要十分
トレッド 前/後mm1460/1455太いタイヤを履く場合もあるので
室内 長x幅x高mm2010x1415x11552mって圧巻だな〜
最低地上高mm160今日のものとしては良心的?
車両重量kg1170結構軽く仕上がってます
最小回転半径5.3クラス水準
10・15モード燃費km/l11.6ここは見劣りする
エンジン型式EJ18 
エンジン種類水平対向4OHC4Valve-EGI水平対向だいっ!
内径 x 行程mm87.9x75.0流石にボアが大きい
総排気量cc1820レアな水平対向1800cc
圧縮比9.5普通
最高出力ps/rpm115/6000これも当時としては普通
最大トルクkg-m/rpm15.7/4500こんな低かったっけ?力感は十分あり
燃料/タンク容量lレギュラー/60 
タイヤサイズ185/70R14結構外径の大きいタイヤ

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2001-10-12] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car

レビュー