K6-2はWindows2000で運用すべし


一般的にWindows9x系(95,98,me等)よりもWindowsNT系(NT4,2000,XP等)の方が演算速度が向上しますが、K6-2の場合、その傾向が顕著に現れるようです。大量のメモリとWindows2000でまだまだK6-2も現役って感じでしょうか。

Cerelon300A(450MHz駆動)による演算速度の比較

完全に同一のハード構成ではないのであくまで参考値ですが、演算速度に関しては余りハード構成の影響を受けないので傾向はつかめると思います。

HDBENCH Ver 3.22による演算能力 (C)EP82改/かず
100x4.5で測定Windows98Windows2000向上率
整数演算18,13020,56313.4%
浮動小数点演算19,05220,4867.5%

K6-2-333MHz(385MHz駆動)による演算速度の比較

Cerelonに比較して、向上率が高いのが分かります。

HDBENCH Ver 3.22による演算能力 (C)EP82改/かず
110x3.5で測定Windows98Windows2000向上率
整数演算18,22721,55618.3%
浮動小数点演算11,64113,35414.7%

K6-2+500MHz(578MHz駆動)による演算速度の比較

K6-2+もK6-2と同じ傾向にあると言えます。

HDBENCH Ver 3.22による演算能力 (C)EP82改/かず
105x5.5で測定Windows98Windows2000向上率
整数演算28,02532,91817.5%
浮動小数点演算17,89320,21313.0%

K6シリーズはPentium3/Cerelonシリーズに比較して整数演算が速く、浮動小数点演算が遅いため、ゲーム等の用途よりも、Office等のビジネスアプリケーションに向いていると言えます。K6-2+を578MHzで駆動した時のWindows2000での整数演算はWindows98のPentium3-800MHzマシンに匹敵します。勿論、整数演算が全てではないのですが、お仕事マシンとしてK6シリーズ&Windows2000の組み合わせはよりもうちょっと信頼できそうじゃないですか。

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2001-10-14] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

PC

トゥベタ

Windows