LibrettoM3にWindows2000を導入


以下のマシン構成での、Windows2000導入方法です。

  • NTTDoCoMo Libretto MobilePack3
    文中ではM3と略します。
  • Panasonic KXL-830AN
    PCMCIAカード使用のCD-ROM Driveです。
  • 他のマシン
    ネットワークに繋がるのがいいね。

何が問題か

M3にはUSB FDDが標準で付属するが、ブートできない。また、CDはブートできるものだが、Windows2000の新規Installではファイルコピー後の再起動後にCDを認識できずに進めなくなってしまう。アップグレードInstallはやりたくないし、デュアルブートではHDD容量的につらい(2.1GB)。解体して取り外したHDDを他のマシンに接続してInstallする方法は他のページにあるが、2.5inchHDD→3.5inchHDD用変換コネクタを持っていないし、面倒臭い(わがまま?)。解体するくらいならHDD交換したいわい。そこで、手持ちの機器でなんとかしようというわけです。

基本方針

CDからのInstallが駄目なら、HDDからInstall。FDDブートが駄目なら、CDブート。が基本方針です。

作業順序

下準備

  • 必要なファイルはバックアップしておきます。
  • 必要があれば、Windows2000用のドライバを用意しておきます。
    本体のドライバは特別に用意しなくても動作しますが、LANカードやCDドライブ等のドライバはあった方が良いです。

起動ディスクの作成

まずは基となる起動ディスクを作成します。今回はWindows95の起動ディスクを使用しました。必要な機能として、FDISKFORMATSMARTDRVがあげられます。FDISKはWindows95 OSR2以降のFAT32が扱えるものが良いです。FORMAT/Sオプションのあるもの。SMARTDRVはHDDの読書キャッシュを行うものですが、これが無いと、数分で済むはずのファイルコピーが数時間かかる羽目になってしまいます。通常の起動ディスクには入っていないので、C:\WindowsフォルダからSMARTDRV.EXEをコピりましょう。って、容量足らないじゃん!FDD上のEDIT.EXEを削除して、コピりました。

起動CDの作成

作成した起動ディスクを基に起動CDを作成します。CD-R Writing SoftでブータブルCDとして焼きます。

パーティション設定

Windows2000のInstall用ファイル置き場を確保します。Windows2000 CDのi386フォルダ以下が必要になりますので、最低350MB程の容量があればいいかと思います。作成した起動CDより起動(電源投入時にCを押す)して、FDISKコマンドでパーティションを設定します。既存のパーティションを全て削除して(この時点でM3のWindows98とは一旦さよなら)設定しなおします。どい太朗は512MB確保して、C:1555MB D:512MBとしました。

起動CD上にCD-ROM Driveのデバイスを組込できている場合

  • フォーマット
    FDISKコマンド終了時に言われる通り、再起動後(また起動CDから起動)にフォーマットします。この時、Cドライブ側は/Sオプションを付けます。付けないとInstallが途中で止まってしまいます。FORMAT C: /S ですね。Dドライブ側は特に必要なオプションはありません。エラーチェックをしたい場合は共に/Cオプションを付けます。
  • Install用ファイルのコピー
    Dドライブにファイルをコピーします。そのままWindows2000のCDからi386フォルダ以下をコピーします。

起動CD上にCD-ROM Driveのデバイスを組込できていない場合

  • フォーマット
    DドライブのみFORMATしておきます。
  • リカバリ
    Windows2000のCDを認識できません(起動CDのみ認識できる)ので、一旦電源を落とします。M3のリカバリCDをセットして起動し、リカバリをかけます。Cドライブがリカバリされ、Dドライブは空のままです。
  • Install用ファイルのコピー
    リカバリ後、Windows2000のCDからi386フォルダ以下をDドライブにコピーします。
  • フォーマット
    リカバリしたのはWindows2000のファイルをコピーしたかったからという理由だけです。DOS上でCD-ROMドライブの認識ができる場合は上記の流れでよいはずです。Cをフォーマットします。FORMAT C: /S です。

(ここから共通)Installerの起動

おおっと。Installerを起動する前にSMARTDRVコマンドを発行しておきましょう。続いて、カレントディレクトリをD:\i386に移して、WINNTと打ちます。これで、有無を言わさずInstallがガンガン進んで行きます。

補足

NTFSにしたい場合は途中変換するかどうかで聞かれますので安心。

なんなら、インストール完了後パーティションマジックかなにかで結合すれば容量不足問題も一寸は緩和?

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2001-10-14] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

PC

トゥベタ

Windows