KF3_02,03 軽ステーションワゴン


ミニコミューターをベースに全長を軽自動車枠一杯まで延ばしたバン/ワゴン。現車で例えると、遠いですが「トヨタ プロボックス」の軽自動車規格版。

スペック (Spec)

全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1550
室内長×室内幅×室内高(mm)1685×1295×1125
オーバーハング[前/後](mm)400/800
ホイールベース(mm)2195
トレッド[前/後](mm)1320/1320
最低地上高(mm)150
乗車定員(名)4
車両重量(kg)720
最小回転半径(m)3.8
タイヤサイズ135/80R13
エンジン型式直列2気筒横置ガソリン
内径×行程(mm)69.6×86.6
総排気量(cc)659
圧縮比14.0
最高出力(kW(PS)/rpm)34(46)/5600
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)61(6.2)/3000
燃料消費率JC08モード(km/l)34.0
JC08モードの重量区分601~740kg
標準価格86万円

スタイリング (Styling)

軽自動車初のステーションワゴンルッキング。

KF3_01 軽ミニコミューターをベースに軽規格一杯までラゲッジスペースを延長した結果独特のフォルムが生まれました。

勿論、KF3_01型最大の特徴である「ピラーレス観音開きドア」も継承。気取らない、シンプルでプレーンなスタイルとなっています。

パッケージング (Packaging)

KF3_01型の特徴をそのままに若干狭かったラゲッジルームを大幅拡大しました。

KF3_01型を極力流用しているため、違いはラゲッジルームにのみ集中します。

KF3_01型よりリヤオーバーハングを400mm延長し、結果、荷室床面の奥行きは後席使用時で約775mm、後席を折り畳んだ時は前席リヤモスト(最後端)時で約1375mmと軽自動車としては破格のラゲッジスペースを獲得しました。

KF3_01型でも採用した助手席の折り畳み格納機構により約2.4mの長尺物も積載可能です。

エンジン (Engine)

KF1_01型と同じガソリンエンジンを搭載。

車両価格も含めた経済車なのでハイブリッド無しが基本です。

商用版のパッケージング (Packaging)

KF3_02型の商用車版です。

シート位置設定はそのままですが、法規対応のため、後席背もたれを若干起こしています。また、後席ヘッドレストを廃止しています。

実は冷静に見ると、普通のボンバンと大差はありません。それでいて、後輪の位置がかなり前方にあって、リアオーバーハングが長くなってしまっているので、FFベースであることも合わせて、重量物の積載には向いていません。

ちょっと、『カッコだけ』になってしまっています。

商用版のスペック (Spec)

乗用版と異なる部分のみ
荷室長×荷室幅×荷室高(mm)1220×1295×1030
4人乗車時635×1295×1030

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2011-08-07] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car