KR5_02 軽SUV ショートボディ


クロカン4WDっぽい風貌をした軽ビッグフットトールワゴンのショートボティ。現車で例えると、「三菱 パジェロミニ」ミニ。

スペック (Spec)

全長×全幅×全高(mm)2995×1475×1820
室内長×室内幅×室内高(mm)1735×1295×1385
オーバーハング[前/後](mm)425/425
ホイールベース(mm)2145
トレッド[前/後](mm)1300/1300
最低地上高(mm)200
乗車定員(名)4
車両重量(kg)830
最小回転半径(m)4.3
タイヤサイズ155/80R16
エンジン型式直列2気筒横置インタークーラーターボディーゼル
内径×行程(mm)69.6×86.6
総排気量(cc)659
圧縮比14.0
最高出力(kW(PS)/rpm)40(54)/4800
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)88(9.0)/3000
モーター最高出力(kW(PS)/rpm)10(14)/1200 ×3(フロント2、リヤ1)
モーター最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)159(16.2)/0~600 ×3(フロント2、リヤ1)
燃料消費率JC08モード(km/l)40.0
JC08モードの重量区分741~855kg
標準価格170万円

スタイリング (Styling)

クロスカントリー4WDのショートボディのようななスタイルのビッグフット。

KR5_01 軽SUV ロングボティの3ドアショートバージョンです。

パッケージング (Packaging)

クロカン(クロスカントリー)4WDでは良く見られた3ドアのショートホイールベース版で、KR5_01型の派生車種になります。

最近では販売低迷のためか3ドアのバリエーションが日本では売られなくなってきていますね。考えてみれば、総額300万円とか400万円とかするような車種で、ちょっと軽くてちょっと取り回し易いが、3列シートも無いし後部座席も狭い、なんてクルマがそうそう数多く売れるものでもありません。

そう考えると、この車種の成り立ちも価格帯が安いとは言え「まさしくそれ」であるため現実には販売には漕ぎ着けない、妄想専用車種ですね。

ただ、見方を変えて、軽4WDとして見ると、3ドアの形態はむしろ多数派で、5ドアは成立しづらいサイズであることが分かります。

そんな中で、見掛け倒しだけど車重が軽くて、軽規格より400mmも短いのに現車の本格4WDに劣らない居住空間を持つこの車種にはもしかしたら、勝ち目があるのかも知れません。

オーバーハングもホイールベースも短いので、機動性に勝ります。

モーターのトルク制御如何によっては、本格4WDを超えられる状況もあるかもしれません。

水没に弱いのは変わりませんが。

KR5_01型のホイールベースを400mm短縮し、後席を簡易座席として配置しなおす。その手法はKF2型を短縮して作成したKF3型と全く同じです。ただし、こちらはフロア高に変化が無いため、KF3型ほど厳しいレイアウトにはなっていません。

しかし、前席を標準位置としていても後席膝周りは前後約250mmの空間しか空いていません。前席をリヤモスト(最後端)までスライドするとその隙は約125mmと後席に大人が座っていられる余裕は無くなりますので、後席に乗員を乗せる際は空間の譲り合いが必要になります。

また、コンパクトな後席ですが、折り畳んだ後席を綺麗に格納できるような空間がなく、ごく普通のタンブル格納になってしまっています。

この辺がもうちょっと綺麗に収まると、より使い勝手も向上するとは思うのですが。
(荷室床では元々高い床がさらに高くなってしまうので微妙。いくら簡易座席でも天井に吊るすのは辛いだろうし、側面跳ね上げは思いの外荷室が拡大しません。)

生半可な差別化では存在意義を失うので400mm短縮は守りたいところですし。

エンジン (Engine)

e-4WDが前提となりますのでハイブリッドが標準です。ただ、カジュアルで経済性に富む(イニシャルコストが安い)エンジンのみのモデルがあっても良いかと思います。

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2011-08-15] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car