KR3_02 軽スーパースペースバン


軽リアミッドシップ スーパースペースバン。現車で例えると、遠いですが「ルノー カングー(初代)」。

スペック (Spec)

全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1975
荷室長×荷室幅×荷室高(mm)1505×1335×1600
4人乗車時765×1335×1325
オーバーハング[前/後](mm)370/370
ホイールベース(mm)2655
トレッド[前/後](mm)1300/1300
最低地上高(mm)150
乗車定員(名)4
車両重量(kg)1000
最小回転半径(m)4.4
タイヤサイズ155/60R14
エンジン型式直列2気筒横置インタークーラーターボディーゼル
内径×行程(mm)69.6×86.6
総排気量(cc)659
圧縮比14.0
最高出力(kW(PS)/rpm)40(54)/4800
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)88(9.0)/3000
モーター最高出力(kW(PS)/rpm)10(14)/1200 ×2(フロント1、リヤ1)
モーター最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)159(16.2)/0~600 ×2(フロント1、リヤ1)
燃料消費率JC08モード(km/l)30.0
JC08モードの重量区分971~1080kg
標準価格190万円

スタイリング (Styling)

KR3_01 軽スーパースペースワゴンと同等ですが、商用ですので、バンパーを最小限に小型化するなど装備の簡素化を行います。

パッケージング (Packaging)

こちらもKR3_01 軽スーパースペースワゴンと同等ですが、商用版ということでよりコストと乗降性を重視した簡素で小柄なシートを採用しています。

そして、その小柄なシートが、巨大な低床フラットフロア空間をさらに拡大させてくれます。

コンパクトなリアシートを床下に格納され、荷室の邪魔者にはなりません。

助手席も縦方向にスリムに片付けることで、乗用版よりも200mm近く長い、1400mmを超える長さで1600mmの高さを誇る巨大なモノスペースが得られます。

こと、背の高い荷物の運搬においてはキャブオーバータイプ1Boxよりも向いています。

また、後席使用時において、商用版ですので後席は荷室よりも狭くなければならないのですが、元々の空間が大きいため、絶対的にはそれほど狭くない後部座席を確保できています。

エンジン (Engine)

非常に重量が嵩むパッケージングをしていますので、パワーをアシストしてもらう意味でもハイブリッドが標準です。

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2013-10-02] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car