KR4_02 軽プレミアム2シーター


モノフォルムの軽プレミアムツーシータ。現車で例えると、「スマート フォーツー」の背高版。

スペック (Spec)

全長×全幅×全高(mm)2645×1475×1800
室内長×室内幅×室内高(mm)1200×1295×1425
オーバーハング[前/後](mm)370/370
ホイールベース(mm)1905
トレッド[前/後](mm)1320/1320
最低地上高(mm)150
乗車定員(名)2
車両重量(kg)820
最小回転半径(m)3.4
タイヤサイズ135/80R13
エンジン型式直列2気筒横置ガソリン
内径×行程(mm)69.6×86.6
総排気量(cc)659
圧縮比14.0
最高出力(kW(PS)/rpm)34(46)/5600
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)61(6.2)/3000
モーター最高出力(kW(PS)/rpm)10(14)/1200 ×2(フロント1、リヤ1)
モーター最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)159(16.2)/0~600 ×2(フロント1、リヤ1)
燃料消費率JC08モード(km/l)54.0
JC08モードの重量区分741~855kg
標準価格160万円

スタイリング (Styling)

KR4_01 軽プレミアム4シーターの後席部分をバッサリ切り落としたら、なんとも特異な2ドア2シーターセダンスタイルが完成しました。

リヤハッチゲートも廃止し、代わりに半透明の樹脂製リッドを荷室の両サイドに設置します。これはアクセント+軽量化+視界確保の一石三鳥を狙ったものです。

パッケージング (Packaging)

KR4_01型の後席部分を長さ750mmに渡ってバッサリカット。しかし、KR4_01型と全く同じフロント周りを持ちますので、前席の空間は非常に広大です。

全長は切り詰めているものの、全高は標準ルーフの軽1Boxよりも高かったりしますので、大型車に囲まれて怖い思いをするというようなこともありません。

また、ラゲッジスペースにおいても出来るだけ角を削がない、目一杯外側へと張り出したスクエアキュービック形状とすることで、寸法以上の存在感を示し、安心感へとつなげます。車内から見ても、思った以上にリヤボティが遠くに感じられるでしょう。後方からの距離感も、必要以上に詰められる印象を持たせないように工夫しています。

合理性に欠けるかのように見えますが、意味があるビッグキャビンです。

また、750mm短くなったホイールベースにより、最小回転半径3.4mという超小回り性能を確保。せせこましいところでもスイスイ移動できます。

エンジン (Engine)

プレミアムフラッグシップですので、なんでもありのハイブリッドが標準です。

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2013-10-02] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

Car