Inspiron6000にもXPを入れ直してみる


病的です。本当に。

一回やりだすと、気になって、次から次へと。何にも生み出さないというのにねぇ。


本当は、DELL Inspiron6000にはUbuntu14.04LTSが入っていて、こっちの省電力化を改めて追求してみようかと思ったのですが、久し振りに電源投入したらアップデートが失敗こくようになっていて、久し振りにUbuntu触ったので復旧もままならず。

あれこれ弄っていたらログオンすらできなくなっちまったぜえ、という体たらくなのでした。ちゃんちゃん。


ただ、こちらも、やっぱ状況は変わるもんやなぁ、と思ったのが、

Intel PHCを導入したカーネルよりも、新しいカーネルを素直に使った方が消費電力は低いという事実。

苦労して入れたのに意味が無かった……。

というわけで、intel PHCについては、もう忘れましょう。


それよりも、PowerTopで省電力化が楽に出来そうな情報を得たので、16.04LTSが出たらそれを試してみようかなぁ、と。

LinuxはどうしてもWindowsよりも消費電力が高くなってしまう傾向にあるので、ノートPCでは特に使いにくいんですじゃ。


Inspiron6000にWindowsXPを入れて、画面輝度最低、WLAN接続で14W安定。画面Offで10Wまでイケる。

NHCとi8kfanコントロールを導入。VGAドライバはIntel最新の4764を適用。CPU電圧はx13の1.73GHzで1.308V→1.068V、x6の800MHzで0.988V→0.732V。フル稼働で概ね12W程度の消費電力低減効果がある。


一方、Ubuntu14.04LTSだと、画面輝度最低で17W。intelPHC導入カーネルだと20Wだった。ちなみにTLP導入済みで、CPU電圧制御も入れてある。

なので、PowerTopに期待、なのでした。


LinuxログオンできなくなったついでにWindows7を一瞬だけインストールしてみましたよ。

画面輝度最低、WLANOffで15W。LANも切って14W。画面Offで11W。

ファンが回りっぱなしなので、ファンコントロールソフトを入れたいところ。ファンが切れればWindowsXPとほぼ同じ消費電力レベルとなりそう。

(WindowsXPではファンコントロールソフトを導入済み。)

Windows7を入れてみたのはWEIの取得のため。

CPU 3.3 Intel PentiumM 740 1.73GHz

RAM 4.4 DDR-533 1GB+1GB DualChannel

GPU 1.9 915GM

Gam 1.0 仕方ないXPのドライバだし

HDD 5.9 東芝のSG2 30GB (Kingstonの小さいおっさんと中身同じと思われる)をIDE変換基板経由で


流石に同じ世代であるLatitudeX1に比べると、かなり速い。SSDはお世辞にも速いとはいえないもので、若干足を引っ張っている感も否めないが、コントローラーが優秀なのか、キャッシュ制御なのか分からないが、負荷が上がると、WEIのスコアでは同じであるKingSPECのSLC SSDは詰まってくるのに対して、東芝のSG2はコンスタントに処理をこなしていく感じ。


ついでなので、SONY VaioPのWEIも貼っておきましょう。

CPU 2.9 Intel Atom Z560 2.13GHz

RAM 4.3 DDR2-533 2GB

GPU 4.6 US-15X

Gam 2.6

HDD 6.1 SSD 128GB


というわけで、Dothanは事務お仕事レベルであればまだまだ使えるCPUです。

シングルコアではありますが、L2キャシュが2MBもあるので、結構速いのです。場面によってはSSDが足を引っ張ていると思えるほどに。

メモリがもっと積めれば、RAM Diskとか作って、さらに軽快に使える状態にできそうなんだけどなぁ。

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2016-02-14] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

PC

Windows

Linux/BSD

トライ