ZoJi Z7


2017年04月購入。お値段¥7,874。しかし、プレオーダー&出荷遅延のため

プレオーダーで安く購入できていますが、確か悩んでいる間に\500くらい値上ったかと。多分\7,400くらいで買えている人も居るのではないかと。


goo (covia) g07 (グーマルナナ)で何年か持たそうと思っていたのに、システムの作りがよろしくなく、作りの悪いカスタマイズ&作りの悪い情報収集プログラムが仕込まれているため、Android6.0OSの標準的動作すらしないことがあって、信頼できないためこちらに移行するつもりでオーダーしました。

covia FLEAZ F4 (CP-F03a 8G)に戻るという手もあるのですが、バッテリーがヘタってきていて、かつ、バッテリーの販売が終了しているという。一応、購入からまだ2年なんですけどね。

それと、自作アプリが実機でしか動作確認できないものがあるので、Android6以上のまともに動く実機を一つは持っていたいということもあって急遽購入に踏み切った。のですが、出荷が遅いですねぇ。配達が遅いのは承知の上だったのですが、出荷そのものが何回も遅延起こすとは思いませんでした。1つも出荷せずに遅延していることから、わざとかと思われます。予定数量の注文が入るか、一定の資金が得られるまで先延ばしにしているのでしょう。

しかし、本来これくらいのスペックの機種なら安くても\14,000辺りになりそうなので、そうとう無理しているような気もします。

ZoJiという新興ブランドですがHOMTOMの派生ブランドでして、HOMTOMと全く同じ構成でサイトを構築していて、部分的にHOMTOMの文字やリンクなど残っていたりします。まぁ、そのHOMTOMもDOOGEEの派生らしいのですが。

HOMTOM HT17Proが個人的に大当たりだったので同じ流れで期待しているというのもあるのですが、スペックが画面の大きさ以外同じなので、ほぼHOMTOM HT17Proと同じ部品構成なんじゃないかという、そうであったら安心だな、という期待も込めています。

ただ、オリジナルUIをアピールしているので、この辺りは例によって仕込みが入っている可能性もありますね。まぁ、goo (covia) g07 (グーマルナナ)で学んだことですし、製品が来たら真っ先にチェックすることにしましょう。


通話SIMを付けたスマホは最も身近な使用頻度の高いデバイスとなるため、あらゆる性能に妥協をしないという考え方もあると思います。

その一方で、最も物損事故を起こしやすいデバイスでもあるため、堅牢性を優先するという考え方もあると思います。壊れやすいから安いのにしておく、というのも一つの解ですよね。

今回は、ある程度堅牢性を重視していつつ最低限の性能確保と安価を両立していたため、この製品を選択しました。

正直IP68は飾りだと思います。でも、5インチの画面でありながら5.5インチよりも大きく分厚い筐体ですので、重厚なカバーを付けているくらいの堅牢性は確保できているんじゃないかと思います。

しかし、余談ですが、本家のHOMTOMでは新製品が軒並みMT6580になってしまって、MT6737からさらに低価格へと軸足を移しているようです。ROM/RAMの原価が高騰しているからコストダウン対策なのかな?


2017-05-11 購入断念

結局、このスマホ。メーカーの方で出荷遅延を繰り返し、販売サイト側がぶちギレて顧客からのオーダーもメーカーからの販売オーダーも全キャンセルという荒業にでまして、購入できなくなりました。

確か、元々は4/21だったかな? 出荷予定は。それを月末に延ばし、5/7、5/11、5/14といつまで経っても出荷しない&遅延繰り返しで上記の結果に。一度はMold Problemという理由が書かれましたが本当の理由は不明です。(筆者の勝手な邪推ではなんとなく資金繰りの問題のような気がしなくもないです)

ちょっと他のサイトとか覗いてみたところ5/25なんて表示もありますね。金かき集めてから製造開始という感じのような気がしなくもないです。派生元のHOMTOMやDOOGEEも元からローエンド寄りだったのに更なるスペックダウン機ばかりを出してきているところからして、全般的にヤバげ。市場が更なるローエンドに傾いただけなのかもしれませんが、安く融通してもらえるはずのパーツが入手できなくなった可能性も。RAMもROMも高騰していますので、もう危ないポイント挙げたらキリがないです。


んで、結局goo (covia) g07 (グーマルナナ)の代替どうしようか? という話まで戻ってしまうのですが、当面我慢しながらgoo (covia) g07 (グーマルナナ)を使う方向で行こうかな? という感じです。

新規機種を必要とする理由が薄らいでいるのと、goo (covia) g07 (グーマルナナ)の方の扱い方を工夫すればそこそこ乗り切れそうな感じになってしまったので。(やや不便だけども)

めぼしいのが出てきた即買いする可能性もありますが。

仕様概略
OSAndroid 6.0
SoCMediatek MTK6737 1.3GHz Cortex-A53 4C
GPUMali-T720MP2 600MHz ?
Memory2GB
Strage16GB
LCDHD(1280×720) 5.0in
CameraF 5MPixel
R 13MPixel
WLANIEEE802.11 ?
BluetoothV4.0+LE ?
SensorGPS、指紋、?
I/FmicroUSB x1
microSDXC Slot
イヤホンマイク端子×1
FM Radio85MHz以上
Speaker?
Battery3000mAh
寸法154.9×79×11.9mm
重量約203.5g

!この文字が見える場合、コピペされています(ブラウザ非対応でも見えます)! from Gradual Improvement (dodoit.info)

[記事作成日: 2017-04-29] [内容更新日: 2017-05-16] ※誤記訂正のみの更新等は含みません

この記事のタグ

スマホ/タブ