SUZUKI WAGON R 1999

軽自動車の王者WAGON R。精度のバラつきが気になるクルマです。

1999年 WAGON-R 660 FX 3AT (SUZUKI)

レンタカーImpression第1弾です。

1999年の沖縄旅行で使用したレンタカーです。もしかしたら年式は1998年かもしれませんが、規格変更後のものなので10月以降のものです。

スモールカーに改革を起こしたクルマがその地位を確立すべく正常進化して登場。その空間性能は小型車に全く引けを取らない立派なものです。

タクシーもこれでいいのでは? ってくらい。

WAGON-Rの特徴

  • セミトールワゴン
    もうWAGON-Rの特徴はこれに尽きるって感じ。全高を高めに取ることで、小型車に負けない空間と感覚を獲得し、さらに一般の乗用車よりも数段優れた視界を有している。もうこれだけで購入の価値は十分にありって感じ。
  • ワンアクション格納式リアシート
    使い勝手を大変魅力的にするアイテム。リアシートバックを倒すと同時にシート全体が前方に沈み込んで、荷室がフラットに。フロントシート背後にリアシートが残らないので、広大なラゲッジフロアを獲得している。本当はもう一寸低床にできるのでは?とも思うが、かなり立派。

Impression

流石に見晴らしの良さは素晴らしい。フロントウィンドウの傾斜もきつくなく、筆者の運転ポジションでも余裕の前席空間。

ただし、乗降性と挙動から思うに若干高すぎる設定に感じられる。そうなると今の全高1550mm化は当然の流れか。

ロールは抑えてあるものの、限界はそれほど高く感じられない。コーナを高速で抜けようとするとなんとなく横転しそうな感覚がある。おとなしく運転する分には本当にこれで十分と思える。

本当はもっと良くして欲しいところは沢山あるのだが、バランス良くまとまってしまっているので、これ以上を要求するなら他車にすべきとも思ってしまう。もっとも、他車にするとWAGON-Rにある利点の多くが消えてしまうのだが。

リアドアが開口幅、開口角度共に若干不足を感じる。ラゲッジフロアの高さはもう少し低い方がいいな。

WAGON-RはFFと4WDで共通のフロアを使っているために(安く出来るのだが)FF単独で見れば、床下に余分な空間が開いているということになる。FF専用車にできればDEMIOだってFUNCARGOだってFITSだって蹴散らせるのに。

レンタカーの他に同時期の同エンジンの同ミッションのWAGON-Rを運転したことがあるが、足はフニャフニャ、ステアリングはダル、アクセルもブレーキも遊びだらけというヘボヘボ車だったが、なんでこんなに違うかな。精度が悪い?

Specification FX 3AT
項目単位コメント
全 長x幅x高mm3395x1475x1680ルーフレール込み
ホイールベースmm2360軽の水準
トレッド 前/後mm1295 / 1290目一杯外出し
室内 長x幅x高mm1685 x 1220 x 1305やや荷室重視
最低地上高mm140 
車両重量kg760現在は安全対策で重くなっている
最小回転半径4.2小回り性能はピカ一
10モード燃費km/l18.0CVTが良いんだけどなぁ
エンジン型式K6ANA
エンジン種類DOHC直列3気筒 
内径 x 行程mm68.0 x 60.4直3-800ccや直4-1000ccを睨んだ設計
総排気量cc658 
圧縮比10.5効率重視
最高出力ps/rpm55/6500少し高回転偏重型が直った
最大トルクkg-m/rpm6.2/4000現在はよりトルクアップ
燃料/タンク容量lレギュラー/30軽量化=タンク容量小
タイヤサイズ155/65R13軽の水準

[記事作成日: 2002-08-18]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > Car > Impression > SUZUKI WAGON R 1999
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fujitsu Quality Offer (わけあり品)icon
パソコン工房 即納パソコンicon
レノボ・ショッピングお買得情報
Panasonic マイレッツ倶楽部 キャンペーン&お得情報
DELL Web広告 限定ページ
mouse computer お急ぎの方に!最短当日出荷モデルicon
【HP】広告掲載おすすめキャンペーン
Dospara アウトレットPC
デル株式会社HP Directplus オンラインストアマウスコンピューター/G-Tune