仮想コンソール減

仮想コンソールってそんなに使う?(っつか存在すら知らなかったよ。)使わない分もきっちり設定すればよりメモリが空きます。

さてFreeBSDの初期状態では仮想コンソールが8つ動いています。

1つ当り3KB強のメモリを占有しますので、必要が無ければ減らしましょう。

設定ファイルは/etc/ttysです。

ttyv0   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  on  secure
# Virtual terminals
ttyv1   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  on  secure
ttyv2   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  on  secure
ttyv3   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  on  secure
ttyv4   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  off secure
ttyv5   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  off secure
ttyv6   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  off secure
ttyv7   "/usr/libexec/getty Pc"     cons25  off secure
ttyv8   "/usr/local/bin/xdm -nodaemon"  xterm   off secure
# Serial terminals
# The 'dialup' keyword identifies dialin lines to login, fingerd etc.
ttyd0   "/usr/libexec/getty std.9600"   dialup  off secure
ttyd1   "/usr/libexec/getty std.9600"   dialup  off secure
ttyd2   "/usr/libexec/getty std.9600"   dialup  off secure
ttyd3   "/usr/libexec/getty std.9600"   dialup  off secure
# Dumb console
dcons   "/usr/libexec/getty std.9600"   vt100   off secure

一部抜粋ですが、デフォルトではttyv0~7がonになっています。これを要らない分offにしていきましょう。この例ではttyv0~3のみonとして4~7はoffにしました。(もっと減らしても良いかも。)

仮想コンソールを切り替える時は「Alt」+「F1」~「F8」でそれぞれttyv0~7に切り替わります。

ちなみにどんなに減らしてもttyv0だけは生かしておきましょう。他端末からアクセス不能になった時に本体でもログインできないという悲惨な状態になります。

余談ですが、Xを使用するときはttyv8をonにします。(別に他のところをcons25からxtermに変更しても良いんですけど。)

シリアルコンソールを使いたいときはdconsをonにします。転送レート上げたかったら9600の数字を増やします。115200とか。

あと、secureをinsecureに変更しておくとrootでのログインはできなくなります。suはできますが、ログに記録されます。他人が触る恐れがあるならinsecureにしておくと良いでしょう。

[記事作成日: 2008-07-06]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > Knowledge > FreeBSDでサーバ構築 > 仮想コンソール減
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEC ビジネスPC お得なアウトレット
レノボ・ショッピング 短納期モデル
パソコン工房 アウトレットパソコンicon
Fujitsu OUTLET (アウトレット)icon
NECパソコンお買い得情報
mouse computer 今月のキャンペーン一覧はこちら!
レノボ・ショッピングお買得情報
Fujitsu Quality Offer (わけあり品)icon
HP Directplus オンラインストアデル株式会社マウスコンピューター/G-Tuneデル株式会社