Java

FreeBSDでJavaのInstallはライセンスの問題もあって簡単には行きません。成功した手順をメモ書きしておきます。

portsからのインストール作業はインストールしたいアプリケーションのportsディレクトリへ移動してmakeするだけというお気軽さなのですが、Javaのインストールはライセンスの関係でお気軽には行きません。

とりあえず/usr/ports/java/jdk16へ移動してmakeしてみましょう。

#make

エラーが出るはずです。ファイルが足らないと。英文ですが頑張って不足しているファイルを見つけます。自分がインストールした時はこんな感じでした。

多分。これをsunのホームページを中心に頑張って見つけてダウンロードします。

不足なくファイルが揃えばmakeエラーは出なくなります。

あ~、configしといた方が良いのかな?忘れちゃいましたが、インストールするモジュールの依存性を考慮して、依存するモジュールの設定もしてくれるコマンドを打ってconfig設定しておきます。

#make config-recursive

これは何も出力されずに終了するまで何度も打ちましょう。

ではインストールです。

#make install clean

途中でライセンスに同意するか?と英語で聞かれて止まりますので「yes」と答えてあげましょう。あとはひたすら成功を待つ!

インストールが成功するとJDK1.6ではなくてJDK1.5の方が有効になっています。これをJDK1.6が有効になるようにするにはJDKを使用するユーザのログインシェルの起動スクリプトに環境変数を設定します。自分の場合はtcshを使ってますので設定ファイルはユーザホームディレクトリの.cshrcです。

setenv JAVA_VERSION FREEBSD-JDK1.6.0

[記事作成日: 2008-07-06]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > Knowledge > FreeBSDでサーバ構築 > Java
このエントリーをはてなブックマークに追加
レノボ・ショッピング 短納期モデル
Dospara 即納 ノートパソコン
NECパソコンお買い得情報
NEC ビジネスPC お得なアウトレット
Epson Direct お得なキャンペーン実施中!
DELL 【SOHO法人様向け】デル・イチオシページ(ノートブック)
ASUS outlet
mouse computer お急ぎの方に!最短当日出荷モデルicon
マウスコンピューター/G-Tuneデル株式会社HP Directplus オンラインストアデル株式会社