JDBC

PostgreSQL用JDBCドライバもPortsからInstallしておきましょう。後でGlassFishで使います。

ServletからJDBC接続PostgreSQLにアクセスするためにJDBCをインストールします。

portsディレクトリは/usr/ports/databases/postgres-jdbcです。移動しましょう。

お約束でコンフィグしておきましょう。

#make config-recursive

これを何も出力されずに終了するまで何度も打ちます。

ではインストールです。

#make install clean

さてインストール時にクラスパスを設定せよ!とメッセージがでます。

postgresql.jar resides in /usr/local/share/java/classes/postgresql.jar
Add this to your CLASSPATH!

java examples reside in /usr/local/share/examples/postgresql/jdbc

と出ますが、Glassfishには別の方法で使用しますのでパスの設定は不要です。

[記事作成日: 2008-07-07]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > Knowledge > FreeBSDでサーバ構築 > JDBC
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fujitsu Campaign (キャンペーン) ビジネス向けicon
mouse computer お急ぎの方に!最短当日出荷モデルicon
NECアウトレット商品ノートPC
【HP】広告掲載おすすめキャンペーン
Dospara アウトレットPC
mouse computer 今月のキャンペーン一覧はこちら!
エプソン製品のアウトレット販売
レノボ・ショッピングお買得情報
デル株式会社デル株式会社マウスコンピューター/G-Tune