FnキーとCtrlキー

[Fn]キーはほとんどのノートPCに付いているキーです。近年では、デスクトップPCにも結構付くようになってきたキーです。たいていは左下の方に付いています。

ですが、一番左に付いている場合と左から2番目に付いている場合とで大きく二つに別れ、これが結構使い勝手を左右します。それは[Ctrl]キーと場所が入れ違いになるためです。[Ctrl]キーを押したつもりが[Fn]キーだった、もしくは逆に[Fn]キーを押したつもりが[Ctrl]キーだったなんてことが起こり易いのです。

筆者の考えとしては[Fn]キーを押すオペレーションの頻度は比較的低く、また、連続して入力するオペレーションからも外れていることが多いので、[Fn]キーの位置そのものはあまり問題視していません。

しかし、[Fn]キーの配置によって[Ctrl]キーの配置に影響が出る場合は比較的大きな問題となります。

ショートカットキーを多用する場合、特に、コピペの[Ctrl]+[X],[C],[V]、前選択の[Ctrl]+[A]、Undoの[Ctrl]+[Z]、Windowを閉じる[Ctrl]+[W]、検索の[Ctrl]+[F]など左手のみでオペレーションする際に[Ctrl]キーと文字キーの間隔が狂ってしまうために[Ctrl]キーを打ち損じるか、あるいは一つ横にずれた文字キーを押下してしまうかといった誤操作が頻発します。

そういった意味では[Ctrl]キーを左端に据え置いて、[Fn]は左から2番目に配置した方が好ましいと思えるのですが、現実にはこれがマチマチです。

メーカーによってマチマチなだけでなく、メーカーによっては製品によってマチマチです。

それにしても、キーボードに関してはかなり強い拘りを感じられるLenovoが[Fn]キーを左端にしていたりするのが謎ですが……

なぜ[Fn]キーの位置が問題に?

他のキーだって移動したり、省かれたりしているのに、なぜ[Fn]キーの位置を重要視するのでしょうか?

実は[Fn]キーはハードキーだからです。

通常、キーを押すとどういうキーを押されたかOSは知ることが出来ます。そして押されたキーに応じてOSは決まった働きをします。そして、この「押されたキー」と「決まった働き」との関係はOSで自由に設定できます。

例えばメモ帳を開いていて[a]キーを押したら、画面に「a」と表示される。これは、[a]というキーを押された時に「a」と表示するように設定されているからです。同じように[Shift]キーと[a]キーを押されたら、OSは「A」と表示するように設定されています。

ですが、[Fn]キーを押してもOSは知ることが出来ません。例えば[Fn]キーと[a]キーを押した時に[b]キーとして振舞うキーボードの場合、OSからは[b]キーが押されたというふうにしか見えないのです。

これが何を意味するのかというと、「ソフト的にキーの入れ替えをすることが出来ない」ということです。もし入れ替えが可能ならば、[Fn]キーを押されたら[Ctrl]キーの働きをする。[Ctrl]キーを押されたら[Fn]キーの働きをする。というふうにOS側で設定することも可能なのですが、それが出来ないのです。

一部製品では(キーボード表面の表示は替えられませんが)BIOSの設定により左[Ctrl]キーと[Fn]キーの認識を入れ替えることができるようになっています。

[記事作成日: 2013-10-07]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > PC > ノートPC スペック情報 > キーボード > FnキーとCtrlキー
このエントリーをはてなブックマークに追加
NECアウトレット商品ノートPC
Panasonic マイレッツ倶楽部 キャンペーン&お得情報
エプソン製品のアウトレット販売
DELL Web広告 限定ページ
【HP】広告掲載おすすめキャンペーン
Dospara アウトレットPC
Fujitsu Campaign (キャンペーン)icon
レノボ・ショッピングお買得情報
デル株式会社HP Directplus オンラインストアデル株式会社