画面サイズと解像度のバランス

2013年現在ではまだ、ノートPCを選ぶ際に画面サイズと解像度とのバランスを考慮する必要があります。

ノートPCには長い歴史があります。タブレット/スマートフォンのように近年爆発的に普及し始めたものではなく、既に非常に多くのPCが稼働しているためにそのバランスを安易に変えられない部分もあります。

長い間、Windowsは96dpi設定で、Officeの初期設定では11ポイント(実際には10.5ポイント)のフォントサイズが使用されてきました。

つまり、この設定で見やすいようなPCでないと、自分で設定を変更するなどの工夫を加えなければ使い勝手が悪いままになってしまいます。

そうなると、ノートPCという使用形態においては画素ピッチが0.2mmくらいは欲しいという状況が続いてきました。それでも、じりじりと高解像度化が進んで、0.18mm程度の画素ピッチは容認されてきています。

昨今ではこれらを超越する小さい画素ピッチの製品が増えつつあります。これらの製品ではdpi設定を大きくするなどの工夫をしないと、文字が小さ過ぎて読みづらいなどの問題を起こします。
(ので、大抵こういう製品では予めdpi設定を大きくしてあったりします。)

ですが、中にはこれらの設定が効かないアプリケーションがあったり、Windows枠との寸法調整がうまくいかなくなって、表示が見切れてしまう場合があります。

困ったことにこれはWindowsの設定画面の中にも、こうなってしまう画面があるということです。

表示が見切れるだけならまだしも、[OK]ボタンなどが見切れてしまっては、初心者だと途方にくれてしまいます。

画素の小さい製品を購入する場合はこのような問題が発生しうる可能性があることを念頭に置いておくとよいでしょう。

頻繁に開くことのないような設定画面ならば、一旦標準のdpi設定にして、その設定を終えた後、元に戻せば良いのです。

アプリケーションは……、対応されるのを待つか、諦めるか、自分で作るか(困難)、くらいしか対処のしようはないですね。

しかし、時代の波は確実に高解像度の方向に向かっていますので、多少の難は自力でカバーできるというのであれば、積極的に高解像度の製品を選んで全く問題はありません。

使っている間に、むしろ低解像度が我慢ならないという状況になってしまう可能性も十分にあるのですから。

[記事作成日: 2013-09-23] [内容更新日: 2013-10-03] ※誤記訂正等は含みません

Homepage banner and link for this title's top page
Top > PC > ノートPC スペック情報 > 画面 > 画面サイズと解像度のバランス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fujitsu OUTLET (アウトレット)icon
Fujitsu Campaign (キャンペーン)icon
mouse computer お急ぎの方に!最短当日出荷モデルicon
DELL 【SOHO法人様向け】デル・イチオシページ(ノートブック)
NEC ビジネスPC お得なアウトレット
Fujitsu わけあり品 ビジネス向けicon
mouse computer 今月のキャンペーン一覧はこちら!
レノボ・ショッピングお買得情報
HP Directplus オンラインストアデル株式会社デル株式会社マウスコンピューター/G-Tune