AMD K6-2 (Chomper)

AMD K6-2 (Chomper)はK6にMMXを追加してプロセスシュリンクしたものです。クロック向上に余裕が無く、発熱も多めで今となってはあまり使い道の無いCPUになってしまいました。

AMDの第6世代?CPU。AMD K6 (Model6)の後継。Socket7の救世主。

3DNow!の搭載はIntelのMMX搭載に似ているけれど、Intelが捨てたSocket7をFSB100MHzで動くようにし、暫くSlot1及びSocket370に対抗し得る性能を保持していた。Intelの高クロック戦略に付いていくのが大変だったようで変な仕様をポコポコ出していた。例えばFSB95MHz仕様。333とか380とか475とか。475なんてCeleronの466に対抗するためだけに出したもの。動作マージンは無いに等しかった。そして、電圧2.4V仕様。本来K6-2の0.25µm版は2.2Vだったが、Celeron対抗の高クロック品を出すために、2.4V仕様をだした。450と475だったかな?当時はこれが限界。その後、コアを改良して出した500は2.2Vに戻った。でも、550は2.3V。変なの~。でも、その後Intelも電圧変更を簡単にするようになった。

自作機

AMD K6-2 300MHz
(定格100x3.0v2.2)

会社の払い下げPCに付いていたCPUです。26351コアを期待していたのですが、26050でした。

→ 里子に出ました。

[記事作成日: 2002-08-03]

Homepage banner and link for this title's top page
Top > PC > パーツ・関連機器 レビュー > CPU > AMD K6-2 (Chomper)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fujitsu Campaign (キャンペーン) ビジネス向けicon
Dospara アウトレットPC
mouse computer お急ぎの方に!最短当日出荷モデルicon
NECパソコンお買い得情報
パソコン工房 即納パソコンicon
Fujitsu わけあり品 ビジネス向けicon
Fujitsu Campaign (キャンペーン)icon
エプソン製品のアウトレット販売
デル株式会社マウスコンピューター/G-TuneHP Directplus オンラインストア