AMD Ryzen 7 1700 + BIOSTAR TB-350BTC + RX550 + DDR4-3200


ついにDDR4を主軸とした次期メインPC候補のパーツが揃いました。(やっとか

まだ全然チューニング出来ていませんが、ファーストインプレッションをここに記録しておきます。

非常にアバウトな物言いになってしまいますが、筆者はベンチマークテスターではありませんし、筆者にとっての最適環境を目指してコロコロと設定を変えていっているので、正確な数値による絶対比較はできませんのでご了承ください。


AMD Ryzen 7 1700 (中古)


CPUにはAMD Ryzen 7 1700の中古を採用しました。

決め手はDDR4対応実8コアの最安値であること、でした。

筆者の場合、InkscapeとKritaの作業環境を改善したいというのがPC更新モチベーションのほぼ全てですので、ゲーム性能とかはとりあえずどうでも良い(今後どうでも良くなくなる可能性がゼロってわけでもないんですけど)ので、実利を追求してみました。

理想を言えば、脆弱性の無い7nmなIntel Core i9-9900が安値で存在してくれていたら最高だったのですが、それらを全部妥協した感じでしょうか。

実際のところZen2のIPC15%アップとAVX2倍、LLC2倍にも多々惹かれるところではあるのですが、逆に言うと、今回、筆者はzenの1700を税込み送料込みで¥14,310で入手できたわけで、3万円近い差額をどう考えるか……で、今回はこちらにしてみたわけです。


んで、実際のブツがこちら。

AMD Ryzen 7 1700 (中古)

えーとですね。これ、幾つか在庫があった1700の中でも1つだけ特に価格の安かった品を選んだんですけど、中古にしては随分と綺麗で、逆に筆者は中古に売りに出せない人(ずぼらなので)だ、と思いました。


Wraith Spire (CPUクーラー)の裏側

恐らく前所有者の方は付属のファンWraith Spireを使用しなかったのでしょう。グリスが綺麗に残っていて、しかし、茶色く変色している部分はありました。経年劣化でしょうか仕方の無いところです。筆者は最初これがグリスの付いている状態なのか判別が付かなくて、爪でちょっとこ削いでしまいまして、一部グリスが剥げているのは筆者のせいです。

茶色の変色が気にはなったので、全て拭き取って筆者手持ちの(下手すると20年物の)グリスを塗り直しました。(どっちが良かったのやら)