アイロンリフローを試してみた


ちょっと思いついたついでに、アイロンリフローを試してみました。

元々、DDR3-SODIMM-4GBのメモリで必ずMemtestでエラーを吐くやつがありまして、いつかリフロー修理をやってみたいなあと思いつつ忘れていたのですが、そういえば認識しなくなった1.8インチIDE-SSD-32GBも恐らくBGAのコントローラー不具合だろうからちょっと試してみようか、と思い、今回、この2品にアイロンを当ててみました。


実際には遥か過去にリフローやってみたいと思ってヒートガンとか購入してたりしているのですが、あれ作業小難しくないですか?

熱風が周りに飛んでどこか溶けてしまったりとかしそうで怖いんです。

あと、きちんと部品を抑えておかないとポロッと取れてしまったりしないだろうか? と心配で。

ヒートガンは熱収縮チューブに当てるときに使いましたが、やっぱり意図してないところを若干溶かしてしまいましてねえ。

準備も作業もえらく大変そうで、手が出しづらかったんです。

オーブンに入れて焼くってのも家庭の事情でやりにくいし。


でも、アイロンなら、押し当てるから部品の抑えも不要そうだし、なんとかなりそう。

というわけで、たまたま持っていた安物アイロンを当ててみたわけです。

筆者が持っていたアイロンは一応240℃で温度ヒューズ作動と書いてありました。

では早速、1.8インチSSDから


1.8インチSSD表

1.8インチSSD裏


アイロンの熱発生ポイントとSSDのコントローラーの位置を合わせてブチュウー。

アイロンは最高温度にして、一回温度ヒューズが作動したところで電源を切り、そのまま粗熱が取れるまでアイロンを乗せたまま放置しました。

下にボロボロになった綿シャツを重ねたものを敷いてやりましたが、ほんのり焦げてキャラメリゼ(か?)されましたねえ。


で、結果、……認識せず。

まあ、例え認識してくれたとしても3年でデータが飛ぶFlashMemory搭載なので、もうどうでも良いです。お試しですからね。




続いて、DDR3-SODIMM-4GBのメモリ。